2019.07.12 掲載
土用餅で暑気払い

◇◇◇◆土用餅で暑気払い◆◇◇◇

7月27日は「土用の丑の日」
一六本舗では【7月24日~7月27日】の期間「土用餅」を販売致します。
土用と言えば、鰻が有名ですが、和菓子にも「土用餅」という暑気払いの風習があります。
古くからこの日にあんころ餅(=土用餅)を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています。
「土用餅」を食べて暑い夏を乗り切りましょう♪

 

【土用餅とは】:土用の丑の日に食べる「あんころ餅」の事を言います。その昔、宮中で暑気あたりをしないよう、※ガガイモの葉を煮出した汁
で練ったお餅を、味噌汁に入れたものを土用の入りに食べるという風習があり、これが江戸時代に餅を小豆餡で包んだあんころ餅を食べるよ
うに変わりました。
お餅は力餅(力持ち)、小豆は厄除けに通じる為、土用餅を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています。
※ガガイモ:疲労回復効果があるといわれている多年草

     

商品一覧

     
イチオシ商品のご紹介
土用餅
内容:土用餅4個
土用餅を食べることで暑気や厄を払い無病息災
で過ごせると言われています。
小豆こし餡でお餅を包みました。
(※道後店・道後本館前店除く)
※7月24日~7月27日限定
商品名
土用餅
価格:
475円
                                   
TOPへもどる